「からあげ」の奥深さを知る。
こんなからあげがあるなんて・・・。驚き、そして感動の連続でした。
その素晴らしい店はひな鶏から揚 とよ田

coconeilさんとの小さな同窓会第2弾が5/7(土)に開催されました。
今回も自由が丘を案内してもらっちゃいました。
駅から意外に近くて、知らない人には見つからないだろうな。と思わせる佇まい。

しかし暖簾をくぐると活気のある店の中。19時ですでにほぼ満席。
座敷に相席で座り、生ビールとからあげ一通り(もも、手羽、砂肝)とキュウリの糠漬けを
coconeilさんにオーダーしてもらいました。糠漬けは浅漬けと古漬けを選べますが
古漬けが無かったのが残念。次にきた方も「古漬け無いの?」と言っていました。

まずはお通しのオニオンスライスと浅漬けで乾杯!
coconeilさんはオニオンスライスをそっと私にくれました。優しいなって思ったら・・・
食べられないんだそうです。(笑)

砂肝からいただきました。素揚げとは思えないほどのジューシー感。
歯ざわりもしっかりと残されているし、なにより油っこさが無いのです!
これは不思議。どんどんビールが進みます~♪

次はもも。これも当然美味い。皮はパリッと、肉はジューシィ。
細い骨の部分は骨せんべいのようです。

そして最後は手羽。適度な脂と皮のパリパリがもう!

最後の鳥スープは最高。口の中をサッパリさせるのはもちろんですが
こんな美味い鳥から取るスープなので、旨みの洪水ですね。
ネギ抜きで頼んでた方がいましたけどね。(笑)

かなり満足度高し。すごいお店があるもんです。何組かは入れなかったので
どーしても!な方は狙い目は21時頃かも。すっかりお客も引いてました。

その後、2軒ハシゴして、時間をすっかり忘れてしまい
駅まで走り、電車に乗ったはいいのですが
案の定、家までは辿りつかずに関内駅で下車。

まんがランド馬車道店で6時間パックのお決まりコース。
今日は懐かしのB・B(Burning Blood)を読みながら
深い眠りにつきましたとさ・・・。

ん?何で写真が無いんだって?
だって、夢中で食べちゃったんですよね・・・(笑)
写真はcoconeilさんのブログ(文中TB)からどーぞ!

「COOKING」~シアワセ料理~
[PR]
by tamazou12 | 2005-05-10 00:33 | A級?B級?グルメ
<< 季節のフルーツパフェ GW >>